山﨑賢人の衣装・私服/着用ブランド

芸能人着用ブランド

山﨑賢人

山﨑賢人(やまざき けんと)。1994年9月7日。日本の俳優である。東京都出身。スターダストプロモーション所属。身長は178㎝。

山﨑賢人さんが過去に着用されていた衣装や私服のファッションブランドをまとめています。ファッションの系統や雰囲気のような曖昧なものではなく、実際に着用されていたブランドを知って、ぜひ参考にしてみてほしいと思います。

私服では古着が多いようですが、さすがにどの辺りの古着屋さんに言っているかまでは分かりませんでした。

山﨑賢人の衣装・私服着用ブランド

ザ!世界仰天ニュース

山﨑賢人さんが衣装で着用されていたセットアップは、TOMORROWLAND(トゥモローランド)というファッションブランドのものです。『ザ!世界仰天ニュース』にて着用されていました。

  • ジャケット:ダブルブレストテーラードジャケット
  • パンツ:リネンウールシャンブレー 2プリーツスラックス

TOHOシネマズマガジン

山﨑賢人さんが衣装で着用されていたニットは、Maison Margiela(メゾンマルジェラ)というファッションブランドのものです。「TOHOシネマズマガジン」などのインタビューに手y宅用されていました。「ベージュ ツインセット セーター」という商品名です。

2014年にMaison Margiela(メゾン・マルジェラ)のクリエイティブディレクターに就任したJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)は、ブランドを象徴する脱構築的デザインを踏襲し、クラシックなシルエットを蘇らせました。

2020年カレンダー

山﨑賢人さんが衣装で着用されていたシャツは、KAZUYUKI KUMAGAI(カズユキ クマガイ)というファッションブランドのものです。

アタッチメント(ATTACHMENT)のデザイナー熊谷和幸(Kazuyuki Kumagai)による、自身の名前をブランド名にしたシグニチャーブランド。2008SSシーズンよりパリ・メンズコレクションに参加し、ランウェイショー形式でコレクションを発表。元々は海外向けに作られたラインであり、アタッチメントと比べても上質で枠にとらわれないフレキシブルなコレクションを展開しています。

FUJITSU・CM

山﨑賢人さんが着用されているニットはFACCIES(ファッチーズ)というファッションブランドのものです。

ファッチーズ(FACCIES)は日本のニットブランド。メンズアイテムをメインとしているが基本はユニセックスで着用できる。

ブランド名の”Faccies”のFacciaは「顔」を意味し、”服”に繋がる言葉。後半のesとは心理学的に無意識の中の欲求や衝動の事を意味している。「服」の持つイメージや空気感をes[本能的に欲求させる物]へと繋いでいくニットを提案。

VoCE

山﨑賢人さんが着用しているカーディガンは、LAD MUSICIAN(ラッドミュージシャン)というブランドのものです。

ラッド ミュージシャンは、〈音楽と洋服の融合〉を基本コンセプトにしたブランド。 音から得られる目に見えない様々なインスピレーションを洋服という形のあるものにする。 ラッド ミュージシャンの提案するライフスタイルは、性別、国境、年齢そして宗教も超えた自由な世界。 落ち込んだ時に救ってくれる音楽のように、着る人にとってライフラインとなるレーベルを目指す。

MENS NONNO

山﨑賢人さんが着用しているジャケットは、FACETASM(ファセッタズム)というブランドのものです。こちらは「men’s nonno」にて着用されていました。

ブランドコンセプト「HUMOR OF POP」 ブランド名の“FACETASM”は造語で【facet】がフランス語でダイアモンドなどの切り子面を意味する単語。それをもとに【様々な顔】 【様々な見え方】という意味を込めている。

山﨑賢人さんが着用しているジャケットは、SHINYA KOZUKA(シンヤコズカ)というブランドのものです。こちらもメンズノンノにて着用されていました。

ブランドコンセプトは、Blur、Vague、Unclear、Hidden。「曖昧」と「ぼかす」の2つをキーワードに、ワークウェアやユニフォームが持つ機能性・匿名性をベースとしている。

QALB

山﨑賢人さんが着用されているパーカーは、QALB(カルブ)というファッションブランドのものです。

QALBは、2017年に誕生し「もう飽きた、だから新しいカタチを」 というブランドコンセプトのもと、古来のシンプルさにどこかエッジをきかせたデザインを展開するユニセックスブランド です。

TGC

山﨑賢人さんが着用されている全てのアイテムはSAINT LAURENT(サン・ローラン)というファッションブランドのものです。

「モードの帝王」と呼ばれたYves Saint-Laurent(イブ・サン=ローラン)の美学を継承するフレンチメゾン、 Saint Laurent(サンローラン)。新クリエイティブディレクターのAnthony Vaccarello(アンソニー・ヴァカレロ)が描く幅広いコレクションで、同ブランドの人気は留まるところを知りません。

TOKIOカケル

山﨑賢人さんが着用されているジャケットは、ETHOSENS(エトセンス)というファッションブランドのものです。

デザイナー橋本唯氏が手掛けるブランド「ETHOSENS(エトセンス)」。ETHOSには特質や習慣という意味があり、SENSEには感覚という意味がある。この2つを融合することによってETHOSENSが生まれた。習慣や特質の中から生まれる全ての感覚に目を向けることで、新しい発見があると考えのもと、将来スタンダードになり得る革新的な表現を目指し、ほんのわずかでも世の中に新しい価値観をもたらすことができるような、本質的なクリエーションを追求している。

アナザースカイ

山﨑賢人さんが着用されていたコートは、COMOLI(コモリ)というファッションブランドのものです。『アナザースカイ 』にて着用されていました。

2011年に小森啓二郎 (Keijiro Komori)が自身のブランドCOMOLIをスタートする。 “全ての洋服の原型は欧米から生まれ、ある目的の為に作られた物である。”という考えの基、 “今の”日本の気候に合う、日本人の体型に合った、上質でシンプルな日常着を展開。

ランチパック・CM

山﨑賢人さんが衣装で着用されていたマウンテンパーカーは、unused(アンユーズド)というファッションブランドのものです。

観念的な枠を取り去り、解体し、存在の新たな形を追求提案しています。先入観を持たず過去の物に新たな観点で改良を加え、喜びを与える機能美と着心地を追求しています。日常に溶け込み、自身のスタイルを創る物として提案しています。

doublet

山﨑賢人さんが衣装で着用されていたのは、doublet(ダブレット)というファッションブランドのものです。

デザイナー井野将之は東京モード学園を卒業後、企業デザイナーを経て、2012年にパタンナー村上高士と共にdoublet(ダブレット)を設立。2013年に「2013 Tokyo 新人デザイナーファッション大賞」プロ部門のビジネス支援デザイナーに選出され、最高位の東京都知事賞を受賞。「違和感のある日常着」をコンセプトに、遊び心溢れるリアルクローズを展開しています。

『一週間フレンズ』イベント

山﨑賢人さんが衣装で着用されていた洋服は、DIOR(ディオール)というファッションブランドのものです。

『羊と鋼の森』舞台挨拶

山﨑賢人さんが衣装で着用されていた洋服は、DIOR(ディオール)というファッションブランドのものです。

ヒルナンデス

山﨑賢人さんが衣装で着用されていた洋服は、DIOR(ディオール)というファッションブランドのものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました