ETHOSENS(エトセンス)/ブランドの経歴・歴史・特徴・評判

E

ETHOSENS(エトセンス)の経歴・歴史

ブランドの概要

ETHOSENS
(出典:http://www.ethosens.com/collection/2019ss/)

ETHOSENS(エトセンス)は、2003年からスタートした日本のファッションブランド。

デザイナーの経歴

デザイナーは橋本唯(Yui Hashimoto)。2000年にエスモードジャパン卒業。

「YAB-YUM(ヤブヤム)」や「LOLO(ロロ)」のパタンナーを経験し、2003年に「ETHOS」が始動しました。

2007-08年秋冬からブランド名を改名して、「ETHOSENS(エトセンス)」がスタートしました。

以降東京で年2回のコレクションを発表しています。

ブランドの経歴

2011年、東京・渋谷に初のフラッグシップショップ「ETHOSENS of white sauce」をオープンしました。

2015年に「TOKYO FASHION AWARD」を受賞。

2016年秋冬からランウェイ形式でコレクションを発表しました。

ETHOSENS(エトセンス)の特徴・評判

ブランド名の由来

ETHOSENS
(出典:http://www.ethosens.com/collection/2018aw/)

「ETHOSENS(エトセンス)」というブランド名は、「ETHOS(特質、習慣)」「SENSE(感覚)」という言葉を組み合わせた造語。

習慣や特質の中から生まれるすべての感覚に目を向けることで新しい発見があると考え、将来スタンダードになる革新的な表現を目指し、新しい価値観を産み出すことを目標としています。

ブランドコンセプト

ETHOSENS
(出典:http://www.ethosens.com/collection/2018ss/)

ブランドコンセプトは「生まれ持った特質と進化する感覚の融合からなる可能性」で、ウェアはスタンダードとモードが融合し、性別や年齢にとらわれないデザインを持ち、しっかりと丁寧に作られています。

デザインの特徴

ETHOSENS
(出典:http://www.ethosens.com/collection/2017aw/)

独特のシルエットと素材感が特徴的です。

ワイドシルエットなどラフなイメージを中心としているが、シルエットと素材は、計算しつくされた絶妙なバランスから生み出されているので、ラフなのにキチンとしたイメージを感じられます。

生地もオリジナルで作るものが多く、1つ1つのアイテムにこだわりをもって制作されている。

日常生活の中で感じる言葉にはできない雰囲気や感覚、気持ちなどを普段からスケッチされていて、それらを洋服の色やディテール、ボリュームに反映させています。

評判・評価

ETHOSENS
(出典:http://www.ethosens.com/collection/2017ss/)

クラシカルなスタイルをベースに、再解釈し、素材使い、カッティング、縫製によって新しい形を提案しています。

無駄を削ぎ落とした、シンプルなものが多いです。他のブランドのアイテムとの相性も良いブランドです。

2019年春夏

ETHOSENS
(出典:https://www.fashion-press.net/collections/gallery/41523/713741)

「wabi-sabi(侘錆)」をシーズンテーマにしています。日本人が昔からもつ精神や美意識にフォーカスしています。

本質的に持ち合わせている美しさや満ち足りていないからこその魅力を表現しました。

オンラインストア・通販

タイトルとURLをコピーしました