【どこの服】広瀬すずの衣装・私服着用ファッションブランドまとめ

芸能人着用ブランド

広瀬すずの衣装着用ブランド

Mame Kurogouchi(ラストレター舞台挨拶)

広瀬すずさんが衣装で着用されていたドレスは、Mame Kurogouchi(マメ)というファッションブランドのものです。映画『ラストレター』の舞台挨拶にて着用されていました。

CECILIE BAHNSEN(ダマされた大賞)

広瀬すずさんが衣装で着用されていたドレスは、CECILIE BAHNSEN(セシリー・バンセン)というファッションブランドのものです。「ビーズディテールドレス」という商品名のものです。

コペンハーゲン発ブランド。デンマークらしいミニマルな美学を反映させたコレクションは、立体感のあるフェミニンなシルエットが印象的。ユニークなファブリックと伝統技術によって手作りされるエレガントなパーティードレスやワンピース、洗練されたセパレーツには、オートクチュールのような繊細なディテールが光ります。

UNITED ARROWS(フジカラーCM)

広瀬すずさんが衣装で着用されていたニットセーターは、UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)のものです。「UGCS シャギークルーネックニット」という商品名のものです。

MM6 MAISON MARGIELA(おしゃれイズム)

広瀬すずが「おしゃれイズム」で着用されていたワンピースとパンツのブランドは「MM6 MAISON MARGIELA(エムエム6 メゾンマルジェラ)」です。MM6 MAISON MARGIELAはMAISON MARGIELAよりもシンプルかつベーシックなアイテムを展開しているブランドです。

コレクションラインと比べるとまだ価格は抑えられていますが、しっかりと良い値段はします。ワンピースなら7万~、パンツなら6万~といった感じです。

NAKAGAMI

広瀬すずさんがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「なつぞら」JAL特別塗装機お披露目会で着用されていたブラウスとスカートのセットアップのブランドは、「NAKAGAMI(ナカガミ)」です。NAKAGAMIは2018年9月と最近スタートした日本のブランドです。

ブランドコンセプトは、「意外性のある素材やデザインを組み合わせながらも、ミニマムでクリーンであること。強いコントラストを放つコンビネーションが静かな不協和音を奏でる」。ブラウスもスカートどちらも4万円です。

Black Mouton

広瀬すずさんが「キネマ旬報」の2017年3月号で着湯されていたワンピースのブランドは、「Black Mouton(ブラックムートン)」です。

Black Moutonは日本発のブランドで、コンセプトは「自分らしくいられる、ストレスフリーなシーンをイメージ。パーティーにも、日常着にもシフトできる、大人の女性のライフスタイルにリアルなアイテムを展開」。ワンピースであれば2万円~5万円くらいの価格帯となっています。

k3&co.

広瀬すずさんが雑誌の衣装で着用されていたブラウスとパンツのブランドは、「k3&o.(ケイスリーアンドコ―)」です。広瀬すずさんが着用されているのは、k3&co.と漫画家やイラストレーターとして活動していた昭和の絵師・上村一夫さんのコラボレーションアイテムです。

上村一夫さんが描く女性像をテーマに漫画に出てくる「夢師アリス」のSF感や、得意とする美しいピンクの色使いが描かれている70年代のエッセンスに着目されたアイテムです。

MSGM

広瀬すずさんが雑誌の衣装で着用されているスウェットとドレスのブランドは、「MSGM(エムエスジーエム)」です。MSGMはイタリアのブランドで、ユニークでストリートテイストの洋服を展開しています。

「キャプテン翼」や「アタッカーYOU!」など日本の漫画のキャラクターをデザインに取り入れたアイテムなども発表していたりと日本とも少し関係のあるブランドです。メンズ・ウィメンズ両方あります。インポートブランドということもあり、スウェットは5万前後、ドレスは10万前後という価格帯となっています。

GHOSPELL

広瀬すずさんが雑誌の衣装で着用されているワンピースのブランドは、「GHOSPELL(ゴスペル)」です。GHOSPELLはロンドン発のブランド「SISTER JANE」の姉妹ブランドで、現代のライフスタイルに合致した、ボヘミアン×アーバンミックスのテイストを特徴としています。

ワンピースであれば1万~2万の間くらいの価格帯で購入できるので、ここで紹介しているブランドの中ではまだ手の出しやすいブランドだと思います。

G.V.G.V.

広瀬すずさんが雑誌「SWITCH」で着用されていたパーカーのブランドは、「G.V.G.V.(ジーヴィージーヴィー)」です。G.V.G.V.は日本のブランドで、コンセプトは「フェミニンとマスキュリンの同居するオリジナルな世界観を、その時の完成で自由に発想し、毎シーズンコレクションとして発表」。

パーカーであれば2万弱くらいです。ちなみにパンツはk3&co.のものです。

n.hoolywood

広瀬すずさんが「メンズノンノ」で着用されているカウチンニットのブランドは、「N.HOOLYWOOD(エヌ・ハリウッド)」です。N.HOOLYWOODは日本のブランドで、最近ではN.HOOLYWOODのデザイナー・尾花大輔さんが東京オリンピックの聖火ランナーのユニフォームのデザインを監修したことも話題になりました。

広瀬すずさんが着用されていたニットは5万円でした。

lilLilly

広瀬すずさんが、雑誌「Seventeen」で着用されていたニットセーターのブランドは、「lilLily(リルリリー)」です。lilLilyは日本のレディースブランドで、「Neutral Closet」をコンセプトに、その日の気分やテンションで毎日変わる「女の子の着たいもの」を、アイテムの組み合わせ次第で個性的に演出しています。

セーターなら1万円台くらいです。

CHANEL

広瀬すずさんが衣装で着用されていたドレスは、CHANEL(シャネル)というファッションブランドのものです。

SPUR11月号でもCHANELのドレスを着用されていました。

ANTEPRIMA(あさイチ)

広瀬すずさんが衣装で着用されていたワンピースは、ANTEPRIMA(アンテプリマ)というファッションブランドのものです。『あさイチ』にて着用されていました。

上質な生地と基盤にディテールにこだわり、シンプルで洗練されたコレクションが特徴。ブランド名は「デビュー前」という意味。コンセプトは「“Simple & Sophisticated…yet Sexy:大人の女性の遊び心を深く追求」。

Sacai(スッキリ)

広瀬すずさんが衣装で着用されていた洋服は、Sacai(サカイ)というファッションブランドのものです。2018年春夏コレクションのアイテムです。『スッキリ』出演時に着用されていました。

GIORGIO ARMANI

広瀬すずさんが衣装で着用されていたワンピースは、GIORGIO ARMANI(ジョルジオ・アルマーニ)です。

GUCCI

広瀬すずさんが衣装で着用されていたワンピースは、GUCCI(グッチ)のものです。『日本アカデミー賞』にて着用されていました。

TOGA PULLA

広瀬すずさんが衣装で着用されていたワンピースは、TOGA PULLA(トーガ・プルラ)というブランドのものです。

TOGAはギリシャ神話の聖なる衣を意味し、イノセントとアンダーグラウンドを融合させたデザインが特徴的です。

AKIRANAKA

広瀬すずさんが衣装で着用されていたブランドは、AKIRANAKA(アキラナカ)です。

AKIRRANAKAは、「デイリーに着られるプレタをまとう」をブランドコンセプトに、テキスタイルの豊かさとそれを打ち出すカットラインが特徴です。

jouetie

広瀬すずさんが衣装で着用されていたスカジャンは、jouetie(ジュエティ)というブランドのものです。

jouetie(ジュエティ)は、ストリートスタイルをベースに、インポート、ロック、モード、ガーリーテイストのスタイリングをミックス・セレクトしているブランドです。

広瀬すずの私服着用ブランド

CLANE

広瀬すずさんが私服で着用されていたブルゾンのブランドは、「CLANE(クラネ)」です。CLANEは松本恵奈さんが手掛けている日本発のブランドで、コンセプトは『「STANDARD」現代的な柄、素材、デザインを取り入れたアウターやトップス、ボトムスを中心とした特別な一枚を展開」。

ロングコートであれば5万円前後の価格帯となっています。CLANEはウィメンズだけではなく、メンズも展開されているので男性でも着用することができます。

ワンピース。

タイトルとURLをコピーしました