PIHAKAPI(ピハカピ)とは

・ブランドの概要


(https://www.fashionsnap.com/article/2018-01-12/pihakapi-vejas/)

PIHAKAPI(ピハカピ)とは2018年1月に「Vejas(ヴェジャス)」のデザイナーであるカナダ出身のヴェジェス・クルシェフスキー(Vejas Kruszewski)が立ち上げた新しいプロジェクトブランドです。

ユニセックスで展開されています。

VEJASとは

ニューヨークのアンダーグラウンドシーンから彗星のごとく登場し、AW15コレクションで鮮烈なデビューを果たした、カナダはトロントをベースに活動をするデザイナー Vejas Kruszewski によるブランド VEJAS (ヴェジャス)。前衛的なデザインでありながら、どこか懐かしさや温もりを感じる、作り手の熱意が伝わるようなアイテムが魅力。 デビュー当時から、世界各国の媒体で特集を組まれ注目を浴び、2016年のLVMHプライズで特別賞を受賞。 今季2018-19カプセルコレクションは世界で3店舗のみの限定発売となります。

引用:http://www.raddlounge.com/

・デザイナー/ブランドの経歴

ヴェジャス・クルシェフスキーはカナダのモントリオール出身。高校時代にYouTubeや日本のファッション関係の本から独学で洋服について学びました。

2014年委自身のデザインスタジオをトロントでオープンし、2016年に「ヴェジャス」を手掛けて19歳にして「LVMHプライズ」の特別賞を受賞しました。「ヴェジャス」は「ピハカピ」のスタートに伴い、一時休止しています。

デザイナーが自身のブランドの2017年秋冬コレクションの生産に使っていた「Pellemoda」というイタリアの革専門工場から新しいプロジェクトとして誘われてこのブランドのデザイナーになりました。ヴェジャスが自身のブランドで使う素材をPellemodaと製造する過程で、ヴェジャスにほれ込み、ディレクターとして起用したそうです。

ヴェジャスはディレクター就任にあたり、自身のブランドは一時的に休止しています。

PIHAKAPI(ピハカピ)の特徴

・ブランドの特徴


(https://www.highsnobiety.com/p/pihakapi/)

伝統あるレザー製品を実験的なデザインでモダンに進化させています。上質な素材を使い、最高レベルのクオリティーを維持しながらも、新たな解釈を加えたものを製作されています。

トレンチコートやライダースジャケット、Tシャツなど日常的なアイテムにひねりを加えて、現代のトレンドの要素を少し取り入れた美しいコレクションを展開しています。

主にレザーアイテムを展開していて、カラーリングやデザインなど独特なスタイルが特徴的です。皮を使って実験的に様々な形のデザインに挑戦していてとても面白いです。

・ブランドの評判


(https://www.openingceremony.com/womens/pihakapi/leather-denim-blouson-ST208298.html)

ブランドによって生産やロジスティックシステムを大切にしていて、サンプル代などを気にすることなく、自由にデザイナー自身がやりたいことをやっても商品の価格はリーズナブルでクオリティーは安定することも強みであります。

・取り扱い店舗

  • OPENING CEREMONY(東京)
  • DELTA(東京)
  • SULLEN(東京)
  • RADD LOUNGE(東京)
  • CONTENASTORE(大阪・広島)
  • K3(東京)




ECサイト・SNS

オンラインストア・通販