AVALONE(アヴァロン)とは/ブランドの特徴・評判

A

AVALONE(アヴァロン)の経歴・歴史

AVALONE-1
(出典:https://www.fashion-press.net/collections/5932)

2013年にデザイナーの三浦進が新たに立ち上げたファッションブランド。

2013年に「TOKYO FASHION AWARD(トーキョー・ファッション・アワード)」の受賞6ブランドの一つに選出されました。

2016年にTOKYO FASHION AWARDを受賞しました。

AVALONE(アヴァロン)のデザイナー

AVALONE-2
(https://amazonfashionweektokyo.com/jp/topics/interview/avalone/)

デザイナーを務めるのは、三浦進。

三浦さんは1979年静岡県に生まれました。デザイナーの他にも、デスメタルバンドのヴォーカルや彫師なども経験されました。

AVALONEを立ち上げる以前にも2002年から「exit for dis(イグジットフォーディス)」というファッションブランドで活動していました。アーティストやミュージシャンの衣装デザインなどを手掛けていました。

クラシックテーラードの職人から技術を学びました。

AVALONE(アヴァロン)の特徴・評判

AVALONE-3
(https://www.fashion-press.net/collections/gallery/44043/759621)

またブランド名の「AVALONE」は、静岡出身であるデザイナーの実家の仕事と関係があるアワビ(Abalone)から取られました。

高級品でありながら少しグロテスクな見た目のアワビは、目指すブランドの世界観ともマッチしたというのが名前の由来です。

AVALONE-4
(https://www.fashion-press.net/collections/gallery/34247/587555)

また、アヴァロンとは、神話に出て来る島である「アバロン島(Avalon)」も名前の由来でもあります。

英雄達が祀られた島は、戦いに敗れ滅ぼされた側の逆の視点で見たら忌むべき存在。その辺から悪魔崇拝のような物に繋がっていた事でそれもかけられています。

AVALONE-5
(https://www.fashion-press.net/collections/gallery/26553/460321)

スポーツウェア、ワークウェアをベースに、ストリートカルチャーからカルトでアンダーグラウンドなサブカルチャーまでを異端な視点から取り入れています。

AVALONEの指すサブカルチャーとは、「ゴス」「スケート」「タトゥー」「エロティシズム」です。

AVALONE-6
(出典:http://mosaicoffice.com/archives/364)

デザイナー自身が惹かれている、時代に反発することから生まれたカルチャーのダークな面を制作に落とし込んでいます。

そのようなカウンターカルチャーを、スポーツウェアやワークウェアに落とし込むことで、絶妙なバランスが生まれているのかと思います。

AVALONE-7
(https://www.fashion-press.net/collections/gallery/22530/394767)

テック素材やレザーなどのひと捻り加えた素材使いと新鮮なシルエットバランスでフューチャー感のあるニュー・ベーシックな衣服を提案していて、モードとストリートを融合させたスタイルを提案しています。

オンラインストア

  1. SULLEN
  2. ZOZOTOWN
タイトルとURLをコピーしました