Walter Van Beirendonck(ウォルター ヴァン ベイレンドンク)とは/ブランドの特徴

Walter Van Beirendonck(ウォルター ヴァン ベイレンドンク)とは

・ブランドの概要

Walter Van Beirendonck on Instagram: “WitblitZ s/s 2020 Walter Van Beirendonck make-up Inge Grognard for MAC hair Charlie Le Mindu for Bumble and Bumble photo Ronald Stoops”
944 Likes, 16 Comments - Walter Van Beirendonck (@waltervanbeirendonckofficial) on Instagram: “WitblitZ s/s 2020 Walter Van Beirendonck make-up Inge Grognard fo...

1993年、ウォルター ヴァン ベイレンドンク(Walter Van Beirendonck)が「W&L.T.(Wild&Lethal Trash)」を発表。後に自身の名を冠したブランド「ウォルター・ヴァン・べイレンドンク」を設立しました。

このプロジェクトの後、2001年に自身の名前を冠したブランド「ウォルター ヴァン ベイレンドンク」を立ち上げました。2001年に設立されたセカンドライン「エロティックテロリスト」は世界中で販売されています。

・デザイナー

Walter Van Beirendonck on Instagram: “ROGER SPY artist / wearing vintage W< double Puk Puk Devil T-Shirt /WVB/House Of Liza/Farfetch dinner Paris”
614 Likes, 11 Comments - Walter Van Beirendonck (@waltervanbeirendonckofficial) on Instagram: “ROGER SPY artist / wearing vintage W&LT double Puk Puk Devil T-Sh...

ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクは、1995年生まれ。アントワープ王立芸術アカデミーファッション科卒業。

1986年、アントワープ王立美術アカデミーを卒業した学生6人がロンドンコレクションの「アントワープの6人」展に自身のブランドを率いて参加。

1993年から1999年まではブランド「W&L.T.」をパリコレクションで発表。「W&L.T.」は「Wild And Lethal Trash」の略です。

企業の支援を得てスタートしたこのコレクションはパフォーマンス的要素の強いもので、マルチメディアの注目を集め、好評を得ていました。そして2001年に自身の名前を冠したブランド「Walter Van Beirendonck」を立ち上げました。

Wim Neels(ウィム・ニールス)、Raf Simons(ラフシモンズ)、Bernhard Willhelm(ベルンハルト・ウィルヘルム)など有名デザイナーがウォルター・ヴァン・ベイレンドンクのもとで経験を積んでいることから、指導者としても実績を残しています。

Walter Van Beirendonck(ウォルター ヴァン ベイレンドンク)とは

・ブランドの特徴

Walter Van Beirendonck on Instagram: “WitblitZ s/s 2020 Walter Van Beirendonck Photo Ronald Stoops”
2,545 Likes, 33 Comments - Walter Van Beirendonck (@waltervanbeirendonckofficial) on Instagram: “WitblitZ s/s 2020 Walter Van Beirendonck Photo Ronald Stoops”

毎回、ユニークなイラストと共に、一種のスローガンとも言うべきストーリー性溢れるタイトルが大々的に記されています。毎シーズン、決めたテーマを面白い形でとてもうまく表現しています。

ポップで陽気なデザインで、経験のあるベテランデザイナーながら良い意味で落ち着きのない新鮮なデザインを提供してくれます。

・ブランドの評判

デザインは非常にかわいいポップなものが多いですが、値段はなかなか怖いです。平気で20万、30万を超えるのでよっほどウォルターヴァンベイレンドンクのデザインが好きな方くらいしか買えないと思います。

買うことを考えたら楽しめない価格帯かも知れないので、美術館感覚で作品として見てみるだけでもしてほしいです。

ECサイト・SNS

オンラインストア・通販

コメント

タイトルとURLをコピーしました