坂口健太郎の衣装・私服着用ファッションブランドまとめ

芸能人着用ブランド

坂口健太郎さんが衣装や私服で着用されていた洋服がどこのファッションブランドのものかをまとめています。

坂口健太郎の衣装着用ブランド

AURALEE

坂口健太郎さんが衣装で着用されていた洋服は、AURALEE(オーラリー)というファッションブランドのものです。

世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景で本当に良いと思える素材を追求しています。その素材の個性を活かし、時代の気分を反映しながら、上質で洗練された洋服を提案しています。糸作り、加工、染色、裁縫などすべての行程にこだわりをもっています。

TBS系情報番組『王様のブランチ』でもAURALEEのコートを着用されていました。

Marvine Pontiak

坂口健太郎さんが衣装で着用されていたシャツとパンツは、Marvine Pontiak Shirt Makers(マービンポンティアックシャツメーカーズ)というファッションブランドのものです。

Marvine Pontiak Shirts Makers(マービンポンティアックシャツメーカーズ)は、2019年にスタートした日本のシャツブランドです。 メイドインジャパンというだけあって、国内屈指のシャツ工場にて縫製された繊細でこだわり抜かれたつくりとなっています。

GUCCI

坂口健太郎さんが「ELLEMEN 新青年」で着用されていた衣装のブランドは、GUCCI(グッチ)です。

Thames

坂口健太郎さんが着用されているスウェットは、「Thames(テムズ)」というロンドンのスケートブランドです。

ヒップホップやスケート文化をアイテムに落とし込むのではなくUKのヤングカルチャーを如実に反映し「ロンドンらしさ」を宿したブランドです。

NEEDLES

坂口健太郎さんが着用されているカーディガンは「NEEDLES(ニードルズ)」というファッションブランドのものです。

ニードルズ(NEEDLES)は、ネペンテスの創立者である清水慶三がデザインを手掛けるメンズブランド。メンズウェアについての豊富な知識に裏打ちされた細部へのこだわり、そしてそこからの遊びや抜け感で、唯一無比の世界観を構築。

URU

坂口健太郎さんが『おもしろ荘』にて着用されていたベストは「URU(ウル)」というファッションブランドのものです。

ウル(URU)は日本のファッションブランド。メンズウェアを中心に展開している。テキスタイルやパターンなど技術が強み。 ウルのコンセプトは「Accelerate Creativity Accelerate Imagination -想像力(頭)と技術力(手)の加速-」。

Dries Van Noten

坂口健太郎さんが着用されているブランドは「Dries Van Noten(ドリス・ヴァン・ノッテン)」です。

DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)とは1985年にスタートしたベルギーのファッションブランド。DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)は、「ラグジュアリーな美術作品」とも言われています。毎シーズン、カルチャー、時代、アーティストなどをシーズンテーマに選び、それをドリスらしい形で表現しています。

JIL SANDER

坂口健太郎さんが着用されているブランドは「JIL SANDER(ジル・サンダー)」です。

1968年にドイツのハンブルグで設立されたファッションブランド。ミニマルなデザインが特徴的です。スマートなファッション性と機能性の両立を実現しています。上質な素材使い、ディテールへのこだわりが魅力的です。無駄をそぎ落としたデザインながらどこか遊び心もあるデザインなので着る人をあまり選ばないかと思います。

坂口健太郎・私服着用ブランド

ECWCS

坂口健太郎さんが私服で着用されていたダウンジャケットは、ECWCS(エクワックス)というところのものです。

ECWCSとは(EXTENDED COLD WEATHER CLOTHING SYSTEM)の略で拡張式寒冷地被服システムの意味です。主に1990年代から使用されている初期型(Generetion1)や陸軍型と呼ばれるフードが露出したスラッシュポケットのタイプをショート丈にて製作しています。

THE NORTH FACE

坂口健太郎さんが着用されているブランドは、「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」です。

Hender Scheme

坂口健太郎さんが着用されているバッグは「Hender Scheme(エンダー・スキーマ)」というファッションブランドのものです。

エンダースキーマ(Hender Scheme)は日本のシューズブランド。プレミアムなレザーを使ったシューズのほか、バック、名刺入れなど革小物なども展開している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました