CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)とは

CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)の経歴

・ブランドの概要

CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)

CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)は日本のファッションブランド。

主にメンズウェアを展開しています。

・ブランドの経歴

2012年春夏からスタートしました。

2013年から、デザイナー3人体制から志鎌さん1人でデザイナーを務めることになりました。

・デザイナー

CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)

デザイナーを務めるのは、志鎌英明(Hideaki Shikama)。

1980年生まれ。

原宿のセレクトショップAcycleでバイヤー兼デザイナーとして活動していました。

2011年にデザイナーの木戸・井ノ川とともに、自身のブランド「CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)」を立ち上げました。

CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)の特徴

・ブランド名の由来

CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)

ブランド名には、10代のころからずっと抱いていた「流行、社会、時代の流れに調和しない、自分たちだけのスタイルを守りたい」という想いが込められています。

・ブランドの特徴

CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)

自身が体現していきたユースカルチャーやヴィンテージウェアへのバックボーンを独自のアプローチでコレクションを発表しています。

ブランドでは3つのラインが存在し、メイドインジャパンにこだわられたラインと、NAOTO YOSHIDAとのヴィンテージリメイクライン、フェアトレードのラインが存在します。

・フェアトレード

CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)

メキシコのサパティスタやアフリカのマサイ族などへのフェアトレードのアイテムや、パレスチナ国内最後の織物工場のサポートを通じ難民キャンプで暮らす女性や子供っへのフェアトレードアイテムを軸としています。

世界の少数民族や貧困地域への深い知識から生まれるデザインは、他のブランドでは表現できない独特な存在感をもっています。

・NAOTO YOSHIDA

CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)

2015年からスタートしたコレクション。

古くから親交のあるアーティストNAOTO YOSHIDAとのヴィンテージウェアの新解釈を提案するジョイントワークを発表しています。

・RECOUTURE

CHILDREN OF THE DISCORDANCE(チルドレン オブ ザ ディスコ―ダンス)

リペアショップ「RECOUTURE(リクチュール)」にカスタムを依頼したフットウェアを2019年春夏に発表しました。

CONVERSE(コンバース)のチャックテイラーとNIKE(ナイキ)のCortezのカスタムを発表しました。

ECサイト・SNS

オンラインストア・通販

出典

  • https://magazine.v-stella.co.jp/
  • FASHION PRESS
  • https://amazonfashionweektokyo.com/
タイトルとURLをコピーしました