AMBUSH(アンブッシュ)/ブランドの経歴・歴史・特徴・評判

A

AMBUSH(アンブッシュ)の経歴・歴史

AMBUSH-1
(https://www.fashionsnap.com/article/ambush/)

2008年、バーバル(VERBAL)ユーン(YOON)がスタートさせたアクセサリー・ジュエリーブランド。日本の東京を拠点としています。

2002年に「AMBUSH DESIGN」を設立。2004年、ジュエリーブランド「Antonio MUrphy&Astro」をスタート。

2008年に「Antonio MUrphy&Astro」のセカンドラインとしてアンブッシュをスタートさせました。

Antonio MUrphy&Astroとは…

 

ウィット感に富んだユニークなデザインを18金、プラチナ、ダイアモンド等の高級素材を使用して表現。

他のジュエリーブランドでは見られない高級感とストリート感の融合、トレンドに捕われない自由な発想が注目される。

世界中からカスタムオーダーも受け、カニエ・ウェストやJay-Z、ビッグ・ショーン等のアーティスト達も愛用している事から話題を呼ぶ。

 

出典:FASHION PRESS

2015 年にはパリで初の展示会を開催し、その後世界のファッションビジネスを中心とするオンラインニュースサイト 「Business of Fashion」 が発表する「ファッション界を変える世界の500 人」にバーバルとユーンの2人が 2015 年度と 2016 年度、2 年連続で選出されました。

2017 年には、若手デザイナーの育成・支援を目的としたファッションコンテスト「LVMH PRIZE」にて ファイナリストに選ばれました。

AMBUSH(アンブッシュ)の特徴・評判

AMBUSH-2
(https://www.ambushdesign.com/item/detail/1_1_12111144_1/SLV)

「ANYTHING GOES」をコンセプトに、東京カルチャーを反映した革新的なジュエリーコレクションを展開し、POP ARTにインスパイアされたモチーフが注目を集めます。

AMBUSH-3
(https://www.fashion-press.net/collections/gallery/40700/697774)

その後、ジュエリーのキャンバスとしてアパレルを加え、ユニセックスなコレクションのデザインへと進化を遂げていきました。

遊び心のあるデザインを追求し、今までジュエリー・アクセサリー類では見られなかった新素材や塗装との融合で新たな配色やスタイルを提案しています。

AMBUSH-4
(https://www.fashion-press.net/collections/gallery/36629/624607)

また、「サカイ(sacai)」「アンダーカバー(UNDERCOVER)」などのブランドがジュエリー制作を依頼されました。

さらに2019年春夏からキム・ジョーンズがデザイナーに就任した「ディオール オム(Dior homme)」のジュエリーデザイナーとしてYOONが任命されました。

LIGHTER CASE NECKLACE

AMBUSH-5
(出典:https://www.ambushdesign.com/item/detail/1_1_12000490_1/1)

AMBUSHのシグネチャーアイテムでもある「ライターケースネックレス」。使い捨てのライターを収納できて、ライターを携帯しやすくしてくれます。

AMBUSHのなかでも比較的安い価格ということで人気アイテムとなっています。

オンラインストア

タイトルとURLをコピーしました