UNDERCOVER(アンダーカバー)とは/ブランドの特徴・評判

Japan

UNDERCOVER(アンダーカバー)とは

・ブランドの概要

UNDERCOVER

UNDERCOVER(アンダーカバー)は、1990年、デザイナーの高橋盾一之瀬弘法と文化服装学院在学中に設立したファッションブランド。

日本を代表するブランドの1つで、日本ではもちろん世界的にも人気のあるブランドです。グラフィックのユニークさの光るブランドです。

・デザイナー

UNDERCOVER

高橋盾は、1969年群馬県桐生市出身。1989年に文化服装学院アパレルデザイン科に入学し、1990年に一之瀬弘法と「UNDERCOVER」をスタートしました。

1994年に藤原ヒロシと「A.F.F.A.」を立ち上げました。

・ブランドの経歴

1991年、卒業すると同時に、渋谷クワトロ内のビリーにて服の卸をスタートさせます。 1993年、「ア ベイシング エイプ」のNIGOと共に原宿竹下通りに「NOWHERE」をオープン。

1994年秋冬より東京コレクションに「アンダーカバー」で参加。

1995年、アンダーカバーのオンリーショップ「NOWHERE LTD」オープン。同年レディースとメンズを本格的にスタート。ストリートとモードの間にあるデザイン性とパンクの強い影響が若者の間でカルト的な人気となります。

1997年、毎日ファッション大賞で新人賞を受賞。

1990年代には、東京の裏原系ブランドの代表格として知られるようになります。2001年、第19回毎日ファッション大賞を受賞。

2003年春夏、パリコレクションにデビュー。2009年春夏にメンズラインの「UNDERCOVERISM(アンダーカバイズム)」を発表しました。

2013-14年秋冬シーズンにセカンドラインとして、ウィメンズでは「Sue UNDERCOVER(ス― アンダーカバー)」、メンズでは「John UNDERCOVER(ジョン アンダーカバー)」をスタートしました。

2015年からメンズライン「UNDERCOVERISM(アンダーカバイズム)」も統合され、アンダーカバーとして発表するようになりました。

UNDERCOVER(アンダーカバー)の特徴

・ブランドの特徴

UNDERCOVER

メンズラインは過去、アンダーカバイズムのブランドネームで発表されていたが、2015年に統合され、アンダーカバーとして展開。

アンダーカバーの服は、かつてカルト的な人気と生産が限られていることから入手困難になり、プレミアがついてしまいます。

・デザインの特徴

UNDERCOVER

アンダーカバーのデザインについてデザイナー本人はストリートとモードの間にあると語っているそうです。

「セックス ピストルズ」に強く影響を受けていること、パンクの影響を非常に受けているため、パンクファッション的なテイストがアンダーカバーのファッションにも見られます。しかし、いわゆるパンクテイストのファッションではない。

すべてのデザインの根底には、「見たことがあるようで、誰も見たことのない服を創りたい」という考えが強く反映され、流行への反逆とも言える反抗心が常にデザインの中に存在しています。

そのため、ただ単に美しさを追求するのではなく、美しさと醜さが同居する独特なデザインを、何重ものレイヤード、独特なカラープリント、フェミニンでありながら毒を持つスタイル、デストロイ系のものなど、様々な手法を用いて表現することで、独創的な世界観を作り出しています。

そしてなんといってもグラフィックはユニークなものが多く、アンダーカバーのアイコンでもあります。グラフィックの入ったTシャツは人気アイテムとなっています。2014年には今までに発表されてきたグラフィックを集めた展示会も開催していました。

・コレクション

-2020年春夏

UNDERCOVER

これまでのアンダーカバーでは明るいカラーとグラフィックをつかったスタイルを提案していましたが、2020年春夏ではダークカラーを基調とした落ち着いたスタイルを発表しました。

グラフィックのユニークさは普段通りで、モチーフとして使用されたのは、アメリカの写真家であるシンディ・シャーマンによる映画のワンシーンを切り取ったようなセルフポートレート。

-2019年秋冬

UNDERCOVER

シーズンテーマは、「THE DROOG」。スタンリー・キューブリック監督の映画「時計じかけのオレンジ」に登場する造語である若者言葉で、「仲間」を意味します。

「時計じかけのオレンジ」に関連するグラフィックや、映画の主人公が好んだベートーヴェンの肖像や映画のワンシーンをプリントしたアイテムなどがありました。

-2019年春夏

UNDERCOVER

2018年6月、フランス・パリで発表されました。テーマは「THE NEW WARRIORS」。

映画「THE WARRIORS」をインスピレーションにしたシーズンでした。この映画では70年代後半のニューヨークのストリートギャングたちが描かれています。

8組のグループがありました。

  • THE DEAD HERMITS
  • VLADS
  • BOOTLEG TRUTH
  • BLOODY GREEKERS
  • ZENMONDOOO
  • X SHADOW HOPPERS
  • THE LARMS
  • ZORUGE

・セカンドライン

-John UNDERCOVER

アンダーカバーのコンセプトを取り入れながら、より幅広い年齢層をターゲットにアイテムを提案しています。デザインも着やすいものもあったり、価格も抑えられているので普段アンダーカバーを買わない方でも気に入ると思います。

-Sue UNDERCOVER

UNDERCOVER

こちらもJohn UNDERCOVERのように、買い求めやすい価格で幅広い層をターゲットに展開しています。

・コラボレーション

-Rita

2019年に発表された日本のファッションブランド「Rita(リタ)」とのコラボレーション。リタは大人の女性のためのカジュアルブランドで、上質な素材、形とデザイン、シルエットにこだわり、日常に溶け込む自分らしくいれる服を提案しています。2019年からブランド名をリタとし、ブランドの刷新をするリタのためにアンダーカバーがグラフィックをデザインしました。

-VALENTINO

UNDERCOVER

イタリアのラグジュアリーブランド「VALENTINO(ヴァレンティノ)」とのコラボレーション。刺繍、ジャカード、プリントなどクチュールライクなヴァレンティノのデザインに、アンダーカバー特有のグラフィックが加わり、今までにないユニークなスタイルを生み出しました。

-NIKE

UNDERCOVER

高橋盾は、ランニングにフォーカスした、ナイキのGYAKUSOUコレクションを手掛けています。2019年春夏に、アンダーカバーとしてナイキとコラボレーションを発表しました。


出典

  • https://www.modescape.com/
  • https://www.fashion-press.net/

ECサイト・SNS


オンラインストア・通販

タイトルとURLをコピーしました