【日常の美】RANDY(ランディ)とは/ブランドの特徴・評判

Japan

RANDY(ランディ)とは

・ブランドの概要

RANDY on Instagram: “2020 SPRING SUMMER COLLECTION "Klein Blue" The Manifesto of the Monochrom. Photography @shinsaku_yasujima Direction & Stylist @_a__n___…”
191 Likes, 2 Comments - RANDY (@_randyofficial_) on Instagram: “2020 SPRING SUMMER COLLECTION "Klein Blue" The Manifesto of the Monochrom. Photography…”

RANDY(ランディ)とは日本のファッションブランドです。2017年からスタートしたブランドです。あまり生産数も多くなさそうなブランドですが、これから必ずヒットするはずのブランドです。

・デザイナー

RANDY(ランディ)のデザイナーを務めるのは、相川龍之介さんです。1994年生まれ。文化服装大学のショップスタイリスト科を卒業。現在は中目黒のセレクトショップVASEで働きながらRANDY(ランディ)のデザイナーを務めているそうです。

RANDY(ランディ)の特徴

・ブランドの特徴

RANDY on Instagram: “RANDY 2018AW "Francis Bacon" #randy #randyfor”
20 Likes, 0 Comments - RANDY (@_randyofficial_) on Instagram: “RANDY 2018AW "Francis Bacon" #randy #randyfor”

デザインには「日常」を感じ取ることができます。日常の中にある「美」を洋服によって表現し、日常の中にあるなかなか気づきにくい部分を洋服に落とし込んでいます。

ベースとしているものは、シャツやスラックスなどシンプルなものであるため、一見すると非常にベーシックなアイテムに見えます。しかしよく見るとデザイン性が爆発しています。そういったデザインを強みとしているブランドは少なくないですが、RANDY(ランディ)は本当にあまり見たことのないデザインの凝り方をしています。

View this post on Instagram

RANDY 2018AW "Francis Bacon" #randy #randyfor

A post shared by RANDY (@_randyofficial_) on

見れば見るほど、よくわからないデザインなので洋服が好きな方にも新鮮さを感じさせてくれるはずです。

新進気鋭のブランドであるので、型もそれほど多く制作されておらず、シャツやパンツをメインに展開されています。どれも3万、4万円台の価格帯です。

・シーズンテーマ

  • 2018年春夏:Modern layered
  • 2018年秋冬:Francis Bacon・African people
  • 2019年春夏:park and sity Berlin
  • 2019年秋冬:Piano
  • 2020年春夏:Klein Blue

ECサイト・SNS


オンラインストア・通販

タイトルとURLをコピーしました