VIVIENNE WESTWOOD(ヴィヴィアン ウエストウッド)の小ネタ

UK

VIVIENNE WESTWOOD(ヴィヴィアン ウエストウッド)とは

・ブランドの概要

この投稿をInstagramで見る

Vivienne Westwood Japan(@viviennewestwoodjapan)がシェアした投稿

VIVIENNE WESTWOOD(ヴィヴィアン ウエストウッド)とはイギリスのファッションブランドです。

ファッションの枠を超え、文化的な発信を続け、トレンドに左右されない独自のクリエーションが特徴的です。

VIVIENNE WESTWOOD(ヴィヴィアン ウエストウッド)の小ネタ

・ブランドロゴ

この投稿をInstagramで見る

Vivienne Westwood Japan(@viviennewestwoodjapan)がシェアした投稿

ヴィヴィアンウエストウッドのブランドロゴは、「宝珠」と「衛星」をモチーフにしたオーブです。

1985年、ヴィヴィアンは友人のフィオルッチを頼りにイタリアへと渡り、彼のスタジオを使わせてもらいながら「王室」をテーマにした創作活動に励んでいました。「王室」に何か未来的な要素を取り入れたいと思い、チャールズ皇太子が休みの日に着ることをイメージして、ニットのセーターを作り始めました。チャールズ皇太子が持っていそうなグリフィスやスコットランドのアザミ、ウェールズのリーク、アイルランドのシャムロック、王冠やそれに付随する宝石の中からオーブを選んで、そのセーターのデザインに落とし込みました。

そして未来感を出すために、ヴィヴィアンはその天体に土星のような衛星の環を付け加えたのです。ヴィヴィアンに息子ベンが見せた天文学の雑誌が影響していると言われています。

・Sex Pistols

この投稿をInstagramで見る

🏁Be Fooking Happy🏁(@thatrandomgothkid_spam)がシェアした投稿

1975年にマルコム・マクラーレンとともにロックバンド「Sex Pistols(セックス・ピストルズ)」をプロデュースしました。バンドのメンバーは、当時ヴィヴィアンが運営していたブティック「SEX」の従業員や常連客でした。

セックスピストルズの衣装を手掛けていました。ボロボロのTシャツに安全ピンやSM風のアイテムなど、奇抜なファッションを提案し、やがてヴィヴィアンは「パンクの女王」と呼ばれるようになりました。

・映画衣装

「プラダを着た悪魔」のエミリー

この投稿をInstagramで見る

Fashioniilla(@fashioniilla)がシェアした投稿

「セックス アンド ザ シティ」のサラ

この投稿をInstagramで見る

𝕂̫𝕐(@k.u_utan)がシェアした投稿

「NANA」のナナ

この投稿をInstagramで見る

Smoking Celebrities(@the.smoking.archives)がシェアした投稿

・有名人の着用

-菅田将暉

この投稿をInstagramで見る

菅田将暉fan(@sdmsk____)がシェアした投稿


ECサイト・SNS

コメント

タイトルとURLをコピーしました