日本映画『his(2020)』感想・レビュー/綺麗事で終わらせない「ゲイ」というテーマを取り扱った映画

日本映画『his』

※どのような言葉の表現が適切か分からなかったので、ここでは作中同様「ゲイ」という表現を使用します。

あらすじ

春休みに江の島を訪れた男子高校生・井川迅(宮沢氷魚)と、湘南で高校に通う日比野渚(藤原季節)がメインキャラクターです。

二人の間に芽生えた友情は、やがて愛(同性愛)へと発展し、お互いの気持ちを確かめ合っていくことになります。しかし、迅の大学卒業を控えた頃、渚は「一緒にいても将来が見えない」と突如別れを告げられます。

出会いから13年後、迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。そこに、6歳の娘・空を連れた渚が突然現れる。

「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に暮らしたい」と気持ちを伝える。

しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判官から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく。。

おおよそのあらすじはこんな感じです。正直ラストまでネタバレをしたとしても面白いと思える内容だとは思いますが、一応ネタバレは控えさせていただきます。

キャスト

監督:今泉力哉

  • 井川 迅:宮沢氷魚
  • 日比野 渚:藤原季節
  • 吉村 美里:松本穂香
  • 日比野 玲奈:松本若菜
  • 日比野 空:外村紗玖良
  • 緒方:鈴木慶一
  • 野田 文子:中村久美
  • 吉村 房子:根岸季衣
  • 水野弁護士:堀部圭亮
  • 桜井弁護士:戸田恵子

監督は、今泉力哉さん。主に「非常に日常的な会話劇」「少し変わった、でもリアルな恋愛模様」による魅力が溢れる映画作品を監督・脚本されています。個人的に今日本の映画監督で一番好きな方です。

主演を務めるのは、宮沢氷魚さんと藤原季節さん。宮沢氷魚さんに関しては、メンズノンノのモデルで認知していたのですが、出演された映画・ドラマを観たことがなかったです。表情や立ち姿が雰囲気があってとてもよかったです。今泉さんとメンノンモデルは相性がいいのかもしれません。(『愛がなんだ』の成田凌さん)

藤原季節さんは認知できていなくて、『his』がファーストコンタクトでした。非常にナチュラルで人間味を強く感じる演技をされる方だと思いました。

主題歌

『his』の主題歌は、Sano ibukiさんの『マリアロード』。

Sano ibukiさんの楽曲は、アニメ映画『ぼくらの七日間戦争』や映画『滑走路』の主題歌にも選ばれたりしています。タイアップする作品に楽曲の雰囲気を合わせているように感じます。それくらい幅広く様々な音楽を作ることができる方なのかな。

感想・レビュー

『ゲイ』を取り扱う作品の最適解

LGBTを取り扱った映画作品としては今までで一番見やすかった映画でした。リアル(現状の日本)とフィクション(理想的な環境=田舎)のバランスが素晴らしかったからです。逆説的に説明しようと思うので、以下で僕が好まないLGBTを取り扱った作品の特徴を挙げます。

僕がまだ慣れていないだけかもしれませんが、LGBTを主題に取り扱う映画・ドラマに違和感を感じてしまいます。同性愛を取り扱うと、教育がましい、もしくは理想像すぎるかの極端な作品になってしまいがちなのかなと思っています。「LGBTは当たり前だよ、なのに周りの偏見はこんなにあるんだよ、よくないよね」というメッセージを強く感じる作品が僕は好きになれません。僕は映画・ドラマにはなにかしらフィクションを求めています。また、映画は見る人によって感想が違ってこそだと思っています。明確に極端にあるメッセージ性を感じてしまう作品はあまり好んでいません。

反対に、LGBTにとって優しすぎる世界(理想的な世界)を描くだけに留まる作品にあまり好きになれません。LGBTを取り扱う作品を観るならば、LGBTについて考えるきっかけにしたいと思っています。普段、距離がある価値観に近づくきっかけにしたいという気持ちがあります。けれど、あまりに理想像だけを描かれると、遠い世界の話として捉えてしまいます。せっかくLGBTを取り扱ったのに、それならば別に男女の恋愛でもよかったのではと思ってしまいます。

『his』では、田舎の住民が『ゲイに偏見のない理想的な環境』として登場し、井川迅(宮沢氷魚)のサラリーマン時代の元同僚や裁判でかかわる人々が『ゲイに偏見のある日本の現状』として登場します。どちらの要素も含まれているので、観ていて気持ちよかったです。

カミングアウト

迅が村の住民たちに対して自分がゲイであることを告白する場面があります。この場面で、ゲイであることのカミングアウトは、ゲイである自分自身を認めてあげるという行為だと思いました。

このシーンを見るまでは、周りの人々に自分を知ってもらうための行為としてしか考えていませんでした。しかし、井川迅(宮沢氷魚)が田舎の人々に対してカミングアウトをしたシーンを見てカミングアウトに含まれる真意を感じました。ゲイであることに少しでも引け目を感じている、つまりゲイである自分に自信が持てないと周りに告白することは難しい。けれど、ゲイである自分を認めてあげることで、周りの意見がどちらになっても構わなく、自分は自分だと思える。だからカミングアウトが可能になるのかなと思いました。

認められないも認められるべきでは?

メインが迅と渚であるため、水野弁護士や玲奈(渚の元嫁)の母親のようにゲイに対して偏見を持っているという登場人物が悪に見えてしまいがちですが、決して悪ではないと私は考えています。

前提として、当人たちを非難することは悪だと思います。けれど、「男性が男性を愛する」という概念を理解できないという価値観・考え方・感情も認めるべきではないでしょうか。仕方ないと思います。人それぞれ考え方があるのは当然です。違った意見を持ったもの同士で考え方を共有し、そういう考え方もあるのだと把握する必要があるでしょう。

最後に

上記の部分以外にも、家族の在り方や子どもの幸せなどにも触れられているので様々な感想を持つことができる作品だと思います。興味をもったならぜひご覧ください。

『his』をU-NEXTで視聴する

『his』をU-NEXTで視聴する

コメント

タイトルとURLをコピーしました