結構いいんだよなU-NEXT(ユーネクスト)/特徴やオススメ作品

U-NEXTの特徴

過去の名作を観られる

他のサブスクリプションサービスと比べると、コンテンツ数が非常に多く感じられます。僕自身が魅力に感じているのは過去の名作映画がある程度揃っていることです。

記事後半には他のサブスクリプションサービスではあまり観ることができない映画をできる限り選んでまとめています。

料金は高いが…

『U-NEXT』のビデオ見放題サービスの月額料金は 1990円(税別) 。 初めて加入する人は31日間の無料トライアルがついています。他のサブスクリプションサービスと比べると少し高いです。

が、毎月1200ポイントがもらえることを考慮するとお得だと思います。ポイントは、1ポイント=1円 として、U-NEXTのさまざまなサービスにご利用いただけます。ポイントで最新作を視聴したり、漫画を購入したりできます。

使いやすい

全サブスクリプションサービス共通でいえるのが、アプリが使いづらいことです。ラフに観るコンテンツをザッピングしたくてもやりづらさを感じます。

U-NEXTはその中でも比較的使いやすいと思います。例えば、Amazon Prime VideoやNETFLIXでは洋画の全てを列挙させることができません。ある程度ジャンルを絞ったうえで作品を列挙されるので人気作品やおすすめ作品ばかり出てきます。少しマイナーな映画だと調べることが困難となります。U-NEXTはそういったことがないので探しやすいです。

雑誌が結構読み放題

ファッション雑誌・週刊誌・カルチャー雑誌など満遍なく読むことができます。わざわざ購入しないまでも、「まあちょっと気になるな」くらいの雑誌が読めるので、情報収集の質があがると思います。

おすすめ見放題映画

アイ・アム・サム

「知的障害を持つ父親と、娘との純粋な愛」

2001年のアメリカの映画。

主人公サムは知的障害により7歳児と同等の知能しか持ち合わせていなかった。そんな彼に娘が産まれる。サムはその娘にルーシー・ダイアモンドと名付けた。母はルーシーを産んだ直後にサムとルーシーを残して姿を眩ませてしまう。 それでもサムとルーシーは愛に満ちた幸せな生活を送っていく。

ルーシーは徐々に父親サムの知能を越えて成長したが、娘と同等かそれ以下の知能しかないサムは今後のルーシーを育てる養育能力が無いのではと指摘されてしまう。ルーシーは施設で保護されることになり、サムは失意にくれる。 父親サムはルーシーとまた一緒に暮らす為、法廷で闘う決意を固め、エリート弁護士のリタに依頼する。

シックス・センス

「この映画にはある秘密があります。まだ映画を見ていない人には、決して話さないで下さい」

1999年のアメリカのミステリー映画。

マルコム・クロウは第一線で活躍する小児精神科医で、これまで多くの子供を心の病から救ってきた。しかし、あるとき彼の自宅に、10年前の少年期にカウンセリングを施したビンセント・グレイという青年が現れる。マルコムはビンセントに「自分を救ってくれなかった」となじられ、銃で撃たれてしまう。その直後、ビンセントが目の前で自殺したことで、マルコムは彼を救えていなかったことを思い知らされる。自信を失ったマルコムは、苦悩と悲しみに暮れる。

そんな中、マルコムは少年のコール・シアーと出会う。コールの姿にビンセントを重ねたマルコムは、彼を救うことで、ビンセントを救えなかった自分をも救えるかもしれないと考える。

グリーンマイル

「不思議な力を持った死刑囚」

1999年のアメリカ映画。

1932年、アメリカの刑務所。死刑囚監房で看守を務めるポールのもとに、一人の大男が送られて来る。双子の少女を強姦殺人した罪を持つ死刑囚ジョン・コーフィは、その風貌や罪状に似合わないほど弱く、繊細で純粋な心を持っていた。これと同時期に、知事の妻の甥であるパーシーが看守となり、傲慢な態度で他の看守たちから嫌われる存在になる。ある時、コーフィは局部を掴んだだけでポールの重い尿路感染症を治してしまう。。

ユージュアル・サスぺクツ

「カイザー・ソゼ”の正体とは⁉」

1995年にアメリカで製作されたサスペンス映画。大どんでん返し系の映画を挙げるなら外せない作品です。

船舶の炎上事故を調べていた捜査官クラインは尋問していたヴァーバルから奇妙な話を聞かされる。6週間前に銃器強奪事件の容疑者として集められた5人が、釈放後、協力して宝石強奪を決行。ブツをさばくためにLAの故買屋と接触した5人は、そこで新たなヤマを依頼されるが、宝石と聞かされていた獲物は麻薬で、トラブルから相手を射殺してしまう。

そして恐慌状態の彼らの前に、伝説のギャング“カイザー・ソゼ”の右腕と名乗る弁護士が現れたという。。

パルプ・フィクション

「1本の映画の中で3つの犯罪ストーリーを」

1994年のアメリカ合衆国のクエンティン・タランティーノ監督による作品。1994年のアカデミー賞では7部門にノミネートされ、そのうち脚本賞を受賞した。カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞。

1930~40年代のアメリカで流行した大衆向け雑誌の犯罪小説(=パルプ・フィクション)をモチーフに、3つのエピソードが交錯する斬新なスタイルで描いたクライムドラマ。

羊たちの沈黙

「殺人鬼が殺人鬼の心理を読む」

1991年公開のアメリカ映画。第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞。

アメリカ各地で、若い女性が殺害され皮膚を剥がれるという連続猟奇殺人事件が発生。逃走中の犯人は、「バッファロー・ビル」と呼ばれていた。 FBIアカデミーの実習生クラリスは、バージニアでの訓練中、行動科学課 (BSU)のクロフォード主任捜査官からある任務を課される。クロフォードは、バッファロー・ビル事件解明のために、監禁中の凶悪殺人犯の心理分析を行っていたが、元精神科医の囚人ハンニバル・レクターは、FBIへの協力を拒絶していた。

クラリスは、クロフォードに代わって事件に関する助言を求めるため、レクターの収監されているボルティモア州立精神病院に向かう。 レクターは、当初は協力を拒んでいたものの、やがてクラリスに彼女自身の過去を語らせることと引き換えに助言することを約束するのだが。。

シザーハンズ

「純真無垢な心を持つ人造人間と少女の交流」

1990年のアメリカ映画。

昔々、町外れの山の上の屋敷に孤独に暮らす老発明家がいた。屋敷の中で、全自動クッキー製造機などの数々の発明品を作り出した彼は、遂には生命の創造に挑み、1人の人造人間を生み出す。彼はそれにエドワードと名付けて愛情をもって接する。

不完全な部分を自らの発明品で補うために、ハサミを使って作った仮初の手を両手に、それから大きなハート形のクッキーを選んで心臓とする。そして、彼はついに本物の人間と同じ形をした両手を作り出すが、それをエドワードに披露した矢先、急な発作を起こし、エドワードを一人残してこの世を去ってしまう。エドワードは、両手がハサミのまま、屋敷に1人残された。

ある日エドワードの住む屋敷に、ペグという化粧品のセールスの女性がやってくる。心優しい彼女は、奇怪な姿をしたエドワードを発見したのち、彼をパステルカラーの家が並ぶ町に連れて帰ることにする。

バック・トゥ・ザ・フューチャー

「未来は自分で切り開くもの」

1985年のアメリカ映画。続編に『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989年)、『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』(1990年)がある。

変わり者のドクが開発した乗用車型のタイムマシンによって30年前にタイムスリップしてしまったマーティ。現代に戻ろうとするも、タイムマシンの燃料が切れて戻れなくなってしまう。30年前は丁度マーティの父と母が出会った年だった。ところが二人が出会うはずのシーンにマーティが介入してしまい、母はマーティに恋をしてしまう。このままでは父と母が結婚せず自分の存在が消滅してしまう。30年後に戻るため、そして父と母を出会わせるため、様々なトラブルを回避しながら奮闘する。

2001年宇宙の旅

「いまだ考察止まないSFの名作」

1968年にアメリカで公開された映画。

月のクレーターの地中から謎の石碑が発掘され、宇宙評議会のフロイド博士が調査に向かう。それから18カ月後、最新型人工知能「HAL(ハル)9000型コンピュータ」を搭載した宇宙船ディスカバリー号は、デビッド・ボーマン船長、フランク・プールら5人のクルーを乗せて木星探査に向けて航行していた。

しかし、その途上でHALが探査計画に対して疑問を抱いていることを打ち明ける。ボーマンとプールはHALの不調を疑い、いざというときはHALの回路を切断することを決めるが、それを知ったHALは反乱を起こす。

タイタニック

「貧しい青年と上流階級の娘の悲恋」

1997年のアメリカ映画。

1912年、イギリスのサウザンプトン港から豪華客船タイタニックが処女航海に出発した。新天地アメリカに夢を抱く画家志望の青年ジャックは上流階級の娘ローズと運命的な出会いを果たし、二人は互いに惹かれ合う。

そこにはローズの婚約者である資産家キャルや、保守的なローズの母親などの障害が横たわるが、若い二人はそれを超えて強い絆で結ばれていく。しかし、航海半ばの4月14日、タイタニック号は氷山と接触。。

ポイントで購入・レンタルできる映画

フォードvsフェラーリ

「企業家vsプロの職人」

2019年に公開されたアメリカ合衆国の実話を脚色したドラマ映画。

1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いたドラマ。ル・マンでの勝利を目指すフォード・モーター社から依頼を受けた、元レーサーのカーデザイナー、キャロル・シェルビーは、常勝チームのフェラーリ社に勝つため、フェラーリを超える新しい車の開発と優秀なドライバーの獲得を必要としていた。シェルビーは、破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズに目をつけ、一部上層部からの反発を受けながらもマイルズをチームに引き入れる。限られた資金と時間の中、シェルビーとマイルズは力を合わせて数々の困難を乗り越えていくが……。

ジョジョ・ラビット

「少年の目を通して見る戦争・ナチスの残酷さ」

2019年のアメリカ合衆国のコメディ映画。

第二次世界大戦中、孤独なドイツ人少年のジョジョは周囲からいじめられており、イマジナリーフレンド(空想上の友達)のアドルフ・ヒトラーのみが救いだった。ある日、母親が屋根裏にユダヤ人の少女を匿っているのを発見したことから、政治的な考えが変わり、ヒトラーのナショナリズムに向き合うことになる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

「シャロンテート殺害事件をタランティーノ風に」

2019年のアメリカ合衆国、イギリスのスリラー映画。

テレビ俳優として人気のピークを過ぎ、映画スターへの転身を目指すリック・ダルトンと、リックを支える付き人でスタントマンのクリフ・ブース。目まぐるしく変化するエンタテインメント業界で生き抜くことに神経をすり減らすリックと、いつも自分らしさを失わないクリフは対照的だったが、2人は固い友情で結ばれていた。

最近、リックの暮らす家の隣には、気鋭の映画監督ロマン・ポランスキーと、その妻で新進女優のシャロン・テートが引っ越してきていた。今まさに光り輝いているポランスキー夫妻を目の当たりにしたリックは、自分も俳優として再び輝くため、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演することを決意する。そして1969年8月9日、彼らの人生を巻き込み、ある事件が発生する。

ミッドサマー

「恋愛映画?カルトスリラー?」

2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。監督はアリ・アスター。

大学生のダニーは精神的な疾患を抱えていた。ある冬の日、同じく精神疾患だった妹が失踪し、両親を道連れに一酸化炭素中毒で無理心中してしまう。自身の疾患と家族を失ったトラウマに苦しみ続け、恐怖の底に追い詰められているダニーを、恋人のクリスチャンは内心重荷に感じながら別れを切り出せずにいた。

翌年の夏、ダニーはクリスチャンと一緒にパーティに参加した。席上、彼女はクリスチャンが友人のマーク、ジョシュと一緒に、同じく友人であるスウェーデンからの留学生ペレの故郷であるホルガ村を訪れる予定であることを知った。

スウェーデン行きをダニーに隠していたクリスチャンは、仕方なくダニーも誘う。ダニーらはスウェーデンへ渡り、ペレの案内でヘルシングランド地方に位置するコミューンであるホルガを訪れた。。

ホラー苦手が映画『ミッドサマー』観た感想。【同調・依存・他文化への拒否感】
noteに投稿した記事をそのまま載せています。 『ミッドサマー』を2月27日に観に行った。京都では2つの映画館でしか上映されておらず、行こうか迷っていた。けれど『ジュディ 虹の彼方に』の試写会が京都の二条にある映画館で行われるというこ...

ジョーカー

「生よりも硬貨な死を望む」

2019年にアメリカ合衆国で制作されたスリラー映画。

財政難によって荒んだゴッサムシティで暮らすアーサーは、アルバイトの大道芸人(ピエロ)の仕事に勤しんでいた。発作的に笑い出してしまう病気によって精神安定剤を手放せないうえ、定期的にカウンセリングを受けねばならない自身の現状に苦しみつつ、年老いた母を養いながら2人で生活していた。

アーサーの夢は、一流のコメディアンになって人々を笑わせること。日々思いついたネタをノートへ書き記し、尊敬する大物芸人のマレー・フランクリンが司会を務めるトークショーで脚光を浴びる自分の姿を夢想していた。。

愛がなんだ

「愛?恋?そんな言葉で表せる感情なのか」

2019年4月に公開された日本の映画。

。マモルに一目ぼれした5カ月前から、テルコの生活はマモル中心となってしまった。仕事中、真夜中と、どんな状況でもマモルが最優先。仕事を失いかけても、友だちから冷ややかな目で見られても、とにかくマモル一筋の毎日を送っていた。

しかし、そんなテルコの熱い思いとは裏腹に、マモルはテルコにまったく恋愛感情がなく、マモルにとってテルコは単なる都合のいい女でしかなかった。テルコがマモルの部屋に泊まったことをきっかけに、2人は急接近したかに思えたが、ある日を境にマモルからの連絡が突然途絶えてしまう。。

アルキメデスの大戦

「数学で戦争を止めようとした男」

2019年に公開された日本の映画。

日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。

カツベン!

「無声映画に声を吹き込む」

2019年12月13日公開の日本映画。

当時の人気職業であった活動弁士を夢見る俊太郎が流れ着いた小さな町の閑古鳥の鳴く映画館・靑木館。隣町にあるライバル映画館に人材も取られ、客足もまばらな靑木館にいるのは、人使いの荒い館主夫婦、傲慢で自信過剰な弁士、酔っぱらってばかりの弁士、気難しい職人気質な映写技師とクセの強い人材ばかり。雑用ばかりを任される毎日を送る俊太郎の前に、幼なじみの初恋相手、大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察などが現れ、俊太郎はさまざまな騒動に巻き込まれていく。

火口のふたり

「抑えきれない衝動の深みにはまっていく男女」

2019年公開の日本映画。

東日本大震災から7年目の夏。離婚、退職、再就職後も会社が倒産し、全てを失った永原賢治は、旧知の女性・佐藤直子の結婚式に出席するため秋田に帰郷する。久々の再会を果たした賢治と直子は、「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」という直子の言葉をきっかけに、かつてのように身体を重ね合う。1度だけと約束したはずの2人だったが、身体に刻まれた記憶と理性の狭間で翻弄され、抑えきれない衝動の深みにはまっていく。

新聞記者

「政府が隠す“闇”に迫っていく」

2019年公開の日本映画。

ジャーナリストの父親が誤報のために自殺した東都新聞社会部の若手女性記者・吉岡エリカは、総理大臣官邸における記者会見でただ1人鋭い質問を繰り返し、官邸への遠慮が蔓延する記者クラブの中で厄介者扱いされ、社内でも異端視されていた。そんなある日、吉岡は上司の陣野から大学新設計画に関する調査を任される。極秘情報が記された匿名のファックスが社会部に届いたためだ。彼女が調査を進めた結果、内閣府の神崎という人物が浮上してくるが、その矢先、神崎は自殺してしまう。

見放題ドラマ・アニメ・バラエティなど

カルテット(日本ドラマ)

「ラブストーリー×サスペンス」

TBS系「火曜ドラマ」枠にて2017年1月17日から3月21日まで毎週火に放送されたテレビドラマ。

それぞれ弦楽器をたしなむアマチュア演奏家の30代男女4人は、ある日練習していた東京のカラオケボックスで偶然出会い、弦楽四重奏のカルテット「ドーナツホール」を結成する。元プロ演奏家で現在は専業主婦の巻真紀、高名な音楽家を祖父に持ちサラリーマンをしている別府司、路上演奏をするチェリストの世吹すずめ、フリーターの家森諭高の4人は、それぞれ演奏家としての夢を諦めきれない者たちだった。

4人は司の祖父が所有する軽井沢の別荘で、週末を中心にひと冬の共同生活を送り、練習を重ね人前での演奏を目指す。あるとき真紀は、近隣で谷村大二郎・多可美夫妻が経営するライブレストラン「ノクターン」からレギュラー出演者を半ば追い出すような形で自分たちの発表の場をつかむ。真紀の行動に戸惑う司たちに、彼女は夫が失踪していることと、その傷心もあり音楽にのめりこもうとする気持ちを告白する。

しかしその陰ですずめは、真紀の姑・巻鏡子に依頼され、彼女の「本性」を探る。真紀は夫を殺したと鏡子に疑われていたのである。。

東京03 単独ライブ

日本のお笑いトリオ、キングオブコント2009王者である「東京03」。

最新の単独ライブ以外の過去のライブは全てU-NEXTで視聴することができます。

コメント

  1. 匿名 より:

    AV見放題が抜けてますよ!!!

  2. ume より:

    確かに(笑)
    FALENOが良い作品出すようになれば、追記しようと思います。

タイトルとURLをコピーしました