King Gnu常田大希/PVやテレビの衣装・私服着用ブランド

芸能人着用ブランド

常田大希/着用ブランド

Love Music

常田大希さんが着用されていたデニムジャケットは、Supreme(シュプリーム)とLEVI’S(リーバイス)のコラボレーションアイテムです。

シュプリームは、アメリカ合衆国のスケートボードショップおよびファッションブランド。ニューヨーク・シティにて1994年に創業し、スケートボード文化やヒップホップに影響を受けたアイテムで知られる。アメリカ国内ではブルックリン、ロサンゼルスにも店舗を展開している。

『どろん』PV

常田大希さんが衣装で着用されていたジャケットは、JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョンローレンスサリバン)というファッションブランドのものです。

  • WOOL BACK BUTTONED JACKET

2003年「JOHN LAWRENCE SULLIVAN」を設立し、テーラードを軸としたメンズウェアを展開。強さとエレガントさを持ち合わせた男性像を基本的コンセプトとしている。また、2010年SSシーズンよりレディースラインも展開しており、メンズテーラードの技術を駆使したシャープな印象が特徴的である。

常田大希さんが着用されていたアイテムのいくつかは、Business As Usualという古着屋さんのものです。

『Business As Usual(ビジネス アズ ユージュアル)』は、オーナーが時代の最先端を意識されながら、良いものだけをセレクトしている古着ショップです。 並んでいるアイテムは、古着の年代を問わず、オーナーが独自の感性で、本当にいいと思うものだけをセレクトされているようです。90年代のHIP-HOPカルチャーを好まれていて、オーバーサイズのものとかB-BOYスタイルが目立ちますが、従来の着こなしや古着ショップの枠にこだわらず、アートやモードといった要素も取り入れられ、配色やデザインにも独特の個性がみられます。

Teenager Forever

常田大希さんが着用されていたフリースジャケットは、UNIQLO(ユニクロ)とEngineered Garments(エンジニアド ガーメンツ)のコラボレーションアイテムです。

エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)は、セレクトショップをメイン業態とするネペンテス社から発足したニューヨークの人気ファッションブランド。

エンジニアド ガーメンツのコレクションは、主にニューヨークで企画から生産が行われ、アメトラ、ミリタリーなどの要素を取り入れた実用的なデザインが人気となっている。日本の会社があえてアメリカからデザインを発信していることからも分かるように、古き良きアメリカのデザイン、アメリカンクラッシックを強く意識している。よく見るとこだわりを感じる、他のブランドとは異なるデザインを常に意識している。

FASHION PRESS

常田大希さんが着用されていたロングTシャツは、POET MEETS DUBWISEというファッションブランドのものです。『FASHION PRESS』のインタビューにて着用されていました。

  • ロングTシャツ:Quiet ロングスリーブ Tシャツ

〈POET MEETS DUBWISE〉は音楽とデザイン、そしてカルチャーが常に隣り合わせにある下田氏のキャリアそのものが表されたプロジェクトです。機能美や着心地を必要最小限にとどめたベーシックなアイテムには、”SILENT POETS”から連想されるキーワードや曲名をタイポグラフィとしてデザインしており、言葉の造形としての美しさと余白を意識したシンプルながら深度のあるプロダクト、その一つ一つに下田氏が一貫としてきた「自身の作品は音楽からアートワークまでを含めたトータルワーク」というスタンスが落とし込まれています。

Music Station

常田大希さんが着用されていた洋服は、RUMHOLE/beruf(ラムホール ベルーフ)という古着屋さんのものです。

REGULAR BRAND &VINTAGE REMAKEを取り扱う 代官山の古着屋です。 古い新しいにとらわれない様々なカルチャーをミックスした着こなしを提案。

Power Push! Interview

常田大希さんが着用されていたシャツは、WACKO MARIA(ワコ マリア)というファッションブランドのものです。

ワコマリア(WACKO MARIA)は、日本のファッションブランド。 音楽を常に根底に置き上質でロマンティックな、色気を感じさせるスタイルを提案している。 シーズン毎に自分たちの日常での経験や影響を受けた音楽、映画、アートなどをテーマに掲げアイテム一つ一つにそのメッセージを落とし込み妥協のない物作りと独自のオリジナリティを表現する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました