rag & bone(ラグ&ボーン)とは/ブランドの特徴・評判

R

rag & bone(ラグ&ボーン)とは

・ブランドの概要

この投稿をInstagramで見る

rag & bone(@ragandbone)がシェアした投稿

rag & bone(ラグ&ボーン)とはアメリカ・ニューヨークのファッションブランドです。

・デザイナー

デザイナーを務めるのは、Marcus Wainwright(マーカス・ウェインライト)とDavid Neville(デヴィッド・ネヴィル)。2人とも正規のファッション教育を受けていませんが、「毎日着たくなるような服を作ろう」という想いからブランドをスタートしました。

・ブランドの経歴

2002年にブランドをスタートさせました。設立当初は、ジーンズのコレクションをメインとし、拠点もニューヨークではなく、ケンタッキーからスタートしました。

2005年にはウィメンズラインも開始。同年にニューヨークコレクションでランウェイ形式のショーを発表しました。

2006年、CFDAメンズウェア部門新人賞を受賞しました。

2009年にシューズコレクションをスタート。

2010年にCDFAメンズウェア部門のグランプリを受賞しました。2011年に海外初となるショップを東京・表参道にオープンさせました。

2016年にデヴィッド・ネヴィルが退任し、マーカス・ウェインライトが単独でCEOとなりました。同年にメンズウェアのベーシックライン「rag & bone standard issue(ラグ&ボーン スタンダード・イシュー)から初のスニーカーが発表されました。

・有名人の着用

-Baraku Obama(バラク・オバマ)

この投稿をInstagramで見る

rag & bone(@ragandbone)がシェアした投稿

-Emily Blunt(エミリー・ブラント)

この投稿をInstagramで見る

rag & bone(@ragandbone)がシェアした投稿

rag & bone(ラグ&ボーン)の特徴

・ブランドの特徴

この投稿をInstagramで見る

rag & bone(@ragandbone)がシェアした投稿

ブリティッシュヘリテージとモダンデザインをかけ合わせた独自のスタイルで人気を集め、伝統的なテーラリングと前衛的でありながらもさりげない、ニューヨークらしい美しさを融合させたコレクションには、米国国内でも長い歴史のあるファクトリーで働く職人たちの熟練した技術を大切にし、クオリティの高さや昔ながらのクラフツマンシップとディテールへのこだわりが投影されています。

ニューヨークのダウンタウン的な感性を持ちながら、ブランドが得意とするクリーンなシルエットとインテグリティをベースに、常に新しいアーバンスタイルを提案し続けている。

・コラボレーション

-Eminem(エミネム)

この投稿をInstagramで見る

rag & bone(@ragandbone)がシェアした投稿

2018年に発表された、ラッパーのエミネムとのコラボレーション。フーディー1型とTシャツ3型を展開し、デザインから生産まで全てアメリカ産にこだわってクリエーションされています。

-STAR WARS(スター・ウォーズ)

この投稿をInstagramで見る

rag & bone(@ragandbone)がシェアした投稿

2017年に発表された、映画「スターウォーズ」とのコラボレーション。ラグ&ボーンのアイコニックなアイテムに、対照的な配色とさりげないディテールを取り入れたもので、フォースの二面性や、帝国と反乱軍、ファースト・オーダーとレジスタンスを描いた「最後のジェダイ」の世界観を表現しています。

ECサイト・SNS

オンラインストア・通販

コメント

タイトルとURLをコピーしました