TENDER PERSON(テンダー パーソン)とは/ブランドの特徴・評判

Japan

TENDER PERSON(テンダーパーソン)とは

ブランドの概要

TENDER PERSON(テンダー パーソン)は、日本のファッションブランドです。ユニセックスで展開されています。

2014年にスタートしました。同年い原宿にて展示会形式でコレクションを発表されました。

2016年秋冬から本格的にブランドがスタートしました。

2017年に、次世代ファッションブランド育成型プログラム「CLOSS Fashion Forward」のサポート対象に選ばれました。

デザイナー

デザイナーを務めているのは、ヤシゲユウトとビアンカ。

文化服装学院在学中に自分たちのブランド「TENDER PERSON(テンダー パーソン)」を立ち上げました。

ブランド立ち上げ当初は、「学生がやっているブランド」ということで苦戦したようですが、次第に注目を集めて認められていったそうです。

在学中にも関わらず、Tシャツやパーカーにグラフィックという軽いものではなく、パターンから考えてコレクションを発表されていました。

有名人の着用

本田翼

本田翼さんがTENDER PERSON(テンダー パーソン)の洋服を着用されていました。本田翼さんの着用ブランドについては、こちらからご覧ください。

香取慎吾

香取慎吾さんがTENDER PERSON(テンダー パーソン)の洋服を着用されていました。香取慎吾さんの着用ブランドについては、こちらからご覧ください。

emma

emmaさんがTENDER PERSON(テンダー パーソン)の洋服を着用されていました。

TENDER PERSON(テンダーパーソン)の特徴

ブランド名の由来

デザイナーのヤシゲユウトさんの「優人」を優しい(Tender)人(Person)と英語に変換されています。

ブランドコンセプト

「日常生活から得る物事を様々な角度から捉え、時代感、空気感を独自に追求し、自分たちらしさをファッションを通して、表現し続けること」をブランドコンセプトにされています。

「美しさと繊細さを兼ね備えたシンプリティの追求」ということもコンセプトとしてあげられています。

ブランドの特徴

ブランドの色を固定されていなくて、デザイナーさんが良いと思ったものを毎シーズン発表されています。

東京のストリートシーンを色濃く反映されていて、他の日本のストリートブランドとも、あわせやすいと思います。

シルエットは、ワイドなものが主流です。パンツは下が広がったようなシルエットが特徴的です。

シルエットだけではなく、グラフィックデザインもとても凝られています。


ECサイト・SNS


オンラインストア・通販


出典

  • オフィシャルサイト
  • http://tokyo-add.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました