KAGARI YUSUKE(カガリ ユウスケ)とは/ブランドの特徴

Japan

KAGARI YUSUKE(カガリ ユウスケ)の概要・経歴

KAGARI YUSUKE(カガリ ユウスケ)

・ブランドの概要

KAGARI YUSUKE(カガリ ユウスケ)は、日本のバッグブランドです。

・ブランドの経歴

2005年に創業しました。

2007年に、東京・小伝馬町にアトリエ兼ギャラリーp2g(pilot program gallery)をオープンしました。2011年に移転しました。

・デザイナー

デザイナーを務めるのは、明松佑介。

1984年、大阪府生まれ。

服飾の専門学校を卒業し、東京でバッグ制作をスタートしました。

2005年に自身のブランド「KAGARI YUSUKE(カガリ ユウスケ)」を立ち上げました。

KAGARI YUSUKE(カガリ ユウスケ)の特徴・評判

・ブランドコンセプト

KAGARI YUSUKE(カガリ ユウスケ)

「壁を持ち歩く」をテーマに、壁をイメージし、質感にこだわられたバッグを提案しています。

時の経過とともに劣化してゆく現実の壁のように、使用していくうちに、細かいひび割れや剥離などが生じて、どんどん変化していきます。

・ブランドの特徴

KAGARI YUSUKE(カガリ ユウスケ)

すべてのアイテムがハンドメイドで作られています。なので塗り方や掘り方によって一点一点違った表情をもっています。

革にパテを塗るという独自の手法で、洗練された退廃性を表現しています。

壁を連想させるような塗料は、通常のペンキに比べて厚みがあり、樹脂に似ているものが使われています。

・使い勝手

KAGARI YUSUKE(カガリ ユウスケ)

最初は堅いですが、使い込むうちになじんでいき、柔らかくなっていきます。

また、洋服に色移りすることはほとんどないので、荒く使うことができます。

ブランドのコンセプトどおり、経年変化・劣化を楽しむためのデザインなので自分だけの変化を楽しみたい方にはおすすめです。

しかし、そこに良さを見出しにくい方には、あまりおすすめしにくいと思います。

経年変化具合は、BONITAさんのブログで変化具合をいくつか載せていらっしゃったので、こちらからご覧ください。

・ウォールシリーズ

革の有機的な部分を消し、コンクリートのような無機質な質感を表現しています。しかしどこか有機的な雰囲気をもっています。

・スキンシリーズ

しわ加工を全面に施したもの。

しわ加工により、キレイな革を、あえて生に近い感じに戻しています。

・GIFTEDとのコラボレーション

KAGARI YUSUKE(カガリ ユウスケ)

ジュエリーブランド「GIFTED」とともに制作されたリングを発表しています。

シルバーにより、壁の質感をリアルに再編されています。

ECサイト・SNS

オンラインストア・通販

出典

  • https://edit-marks.jp/
  • https://www.bonita.jpn.com/
  • http://www.yusukekagari.com/studio/
  • http://holy.holic-blog.holy.jp/
タイトルとURLをコピーしました