WALES BONNER(ウェールズ ボナー)とは/ブランドの経歴・特徴・評判

UK

WALES BONNER(ウェールズ ボナー)とは

ブランドについて

WALES BONNER(ウェールズ ボナー)

(出典:https://www.vogue.co.jp/collection/brand/walesbonner/19aw-rtw)

「WALES BONNER(ウェールズ ボナー)」は、2015年にイギリス・ロンドンでスタートしたファッションブランド。

美しいスリムなシルエットと、ブラックカルチャーや文学からインスピレーションを得たデザインで評価されているブランドです。

ブランドの経歴

2015年に設立しました。ブリティッシュファッションアワードでエマージェンシー・メンズウェア・デザイナー賞を受賞しました。

2016年にLVMHプライズでグランプリを獲得しました。

デザイナー

WALES BONNER(ウェールズ ボナー)

(出典:https://www.drapersonline.com/news/lvmh-prize-goes-to-grace-wales-bonner/7008458.article)

デザイナーは、Grace Wales Bonner(グレース・ウェールズ・ボナー)。

イギリス人の母親とジャマイカ人の父親の間に生まれました。

2014年にセントラル・セントマーチンズを卒業しました。卒業コレクションでは、ロレアルプロフェッショナルタレント賞を受賞しました。

WALES BONNER(ウェールズ ボナー)の特徴

インスピレーション源

WALES BONNER(ウェールズ ボナー)

(出典:https://www.vogue.co.jp/collection/brand/walesbonner/19aw-rtw)

「黒人のセクシャリティ」や「マスキュリンな身元」をインスピレーションとしています。文化を隔てる人為的な境界を打破してインスピレーションを見出します。

また、文学からのインスピレーションも強くデザインに影響を与えています。文章の内容をビジュアルで想像し、それをテクスチャーやシルエットなどコレクションに落とし込んでいます。

デザインの特徴

(出典:https://www.vogue.co.jp/collection/brand/walesbonner/19aw-rtw)

社会理論、著作、文学、そして史学といった広義なリサーチを包含し、ヨーロッパ目線のラグジュアリーとアフロ・カリビアンのテイスト・アイデンティティを合わせたラグジュアリーなハイブリッドスタイルを表現しています。

ジャマイカ出身の父親を持ち、自身のルーツであるブラックカルチャーをテーラーリングに織り込んだデザインが特徴的です。

シルエット

WALES BONNER(ウェールズ ボナー)

(出典:https://www.vogue.co.jp/collection/brand/walesbonner/19aw-mens)

計算されつくした細く、美しいシルエットが魅力的です。女性デザイナーが作るメンズウェアということでフェミニンなフォルムとなっています。

レディースのようで着こなすのが少し難しいように見えて、立体的な構造であるので上手く着こなせるデザインになっています。

ブランドの評判

WALES BONNER(ウェールズ ボナー)

(出典:https://www.vogue.co.jp/collection/brand/walesbonner/19aw-mens)

このように卓越したテーラーリングの才能は、元セリーヌのディレクターであるフィービー・ファイロやカール・ラガーフェルドが絶賛しています。

 

オンラインストア

タイトルとURLをコピーしました