soe(ソーイ)とは/ブランドの特徴・評判

Japan

soe(ソーイ)の経歴


(https://www.fashion-press.net/collections/gallery/28257/485827)

2001年秋冬シーズンよりスタートしたファッションブランド。

創業者であり、ディレクションを務めるのは、伊藤壮一郎(Soichiro Ito)。1977年、東京出身。ロンドン留学後、1998年に日本に帰国し、青山学院大学に入学しました。経済学を学びながら、在学中に服作りを始めました。

2001年秋冬シーズンよりメンズウェアブランド「soe」をスタートしました。2004年秋冬シーズンから東京コレクションにデビュー。


(https://www.fashion-press.net/collections/gallery/25305/438080)

2008年秋冬からシャツライン「soe shirts」をスタートさせました。2015-16年秋冬にパリメンズコレクションに出店しました。

2008年に、髙木佑基(Yuki Takagi)がジョンソーイに入社し、2015年まで企画生産としてアシスタントを務めました。2015年からメンズ部門デザイナーに就任しました。

2016年から女性ライン「soe WOMEN」をスタートしました。2018-19年秋冬のコレクションを最後に伊藤氏はデザイナーの職を退き、ディレクターとなりました。

2019年春夏コレクションからメンズ、ウィメンズが統合されました。

soe(ソーイ)の特徴

ブランドの特徴


(https://www.fashion-press.net/collections/gallery/45200/778507)

メンズ、ウィメンズともに展開しています。

東京という都市が持つ性質、カルチャー、スタイルを背景としたデザインが特徴的です。


(https://www.fashion-press.net/collections/gallery/35912/613109)

ブランド名には、「創意(作りだす意識)」と「装意(装う意識)」という意味が込められています。


(https://www.fashion-press.net/collections/gallery/32314/553902)

ストリートとモードの中間のリアルクローズをコンセプトに、ジャンルにとらわれない服作りをしています。

基本的な形をベースにして、細かい部分に遊び心が見られるデザインとなっています。

2019年春夏

(出典:https://www.fashion-press.net/collections/10333)

レトロなスクールテイストが特徴的でした。

全体的にトップスはオーバーサイズで、パンツはストンと落ちているシルエットのものが多いです。

(出典:https://www.fashion-press.net/collections/gallery/45200/778501)

1つのアイテムの中に異なるカラーや柄などを用い、強いアクセントが加えられたものが魅力的です。

2018年秋冬

(出典:https://www.fashion-press.net/collections/gallery/38501/662241)

フットボールから着想を得たアイテムが目立ちました。

1995年にマンチェスターユナイテッドのエリック・カントナが相手サポーターに飛び蹴りをしている瞬間をプリントしたものや、サッカーユニフォームをsoeらしいテイストで仕上げたものがありました。

芸能人の着用

吉沢亮

吉沢亮さんが着用されていたコートは、soe(ソーイ)のアイテムでした。

SNSなど

オンラインストア・通販

  1. ZOZOTOWN
  2. fakejam
  3. O

コメント

タイトルとURLをコピーしました