JIL SANDER(ジル サンダー)とは/ブランドの特徴・評判

Germany

JIL SANDER(ジル サンダー)の経歴・歴史


(出典:https://www.fashion-press.net/collections/gallery/46262/797650)

1968年にドイツのハンブルグで設立されたファッションブランド。


(出典:https://www.fashion-press.net/collections/gallery/46262/797665)

1943年、ドイツのハンブルグ生まれ。クレフェルドスクールオブテキスタイル卒業。ニューヨークで雑誌社を経験後、ドイツに帰国し自身のブティックを開始。

1973年にパリでプレタポルテコレクションデビュー。1985年からミラノに活動の場を移し、1987年にミラノコレクションデビュー。1997年秋冬からメンズラインを開始。


(出典:https://www.fashion-press.net/collections/gallery/40823/700242)

1999年、「プラダグループ」に買収。しかしグループの総帥パトリッツィオ・ベルテッリとの不仲を原因に2000年秋冬を最後にジル・サンダーがデザイナーを辞任。

その後、プラダグループのデザインチームがデザインを行い、2000年にミラン・ヴィクミロビッチが新たなクリエイティブディレクターとなりました。

2003年にジル・サンダーがデザイナーに復帰。しかし、2004年にふたたび辞任。2005年、ラフ・シモンズがメンズ、レディースのクリエイティブディレクターに就任。

2006年に「チェンジ キャピタル パートナーシップ」がプラダから買収。

2012年にラフ・シモンズがクリエイティブディレクターを辞任し、後任にジル・サンダーが再び復帰しました。2013年にジル・サンダーが辞任し、デザインチームがブランドを引き継ぎました。


(出典:https://www.fashion-press.net/collections/gallery/40823/700251)

2014年、ロドルファ・バリアルンガがクリエイティブディレクターに就任。2017年に退任し、後任にルーシー、ルーク・メイヤー夫妻が就任しました。

JIL SANDER(ジル サンダー)の特徴・評判


(出典:https://www.fashion-press.net/collections/gallery/36660/625493)

ミニマルなデザインが特徴的です。スマートなファッション性と機能性の両立を実現しています。上質な素材使い、ディテールへのこだわりが魅力的です。

無駄をそぎ落としたデザインながらどこか遊び心もあるデザインなので着る人をあまり選ばないかと思います。

・JIL SANDER+

2019年からスタートした新ライン。メインコレクションを補うラインとしてスタートしました。インスピレーション源は自然で、山や海、カントリーサイドへの旅行など、「都会から抜け出した暮らし」をこのラインのコンセプトにして、ほとんどのアイテムをユニセックスで展開しています。

機能性を考慮したフォルムに、実用性やリラックス感、あたたかな居心地の良い雰囲気を兼ね備えたものを展開してます。

オフィシャルサイト
Instagram
Twitter

タイトルとURLをコピーしました